最近のメモ事情。

なんでもメモを取りたいと思って色んな手帳やノートを

使ってきましたが、最近のメモ取りに使っているのは、

A5ルーズリーフです。

持ち運ぶのに邪魔じゃないサイズで選んでみたんですが、

B6のダイソーに売っている通称”ダイスキン”よりも

ちょっと大きいのでボディバッグに入らなくてちょっと

不便を感じつつ、バレットジャーナル的に使えないものか

と、試行錯誤中。

 

バインダーはキングジムのテフレーヌを使っています。

必要最小限のルーズリーフを挟んで、いっぱいになったら

あとでほかのバインダーにまとめる形で。

 

そして最近、思うのは時系列以外でのメモ書きができない。

ジャンルを分けてそれぞれの場所に書いていこうと考えてた

のですが、それやるとメモ書き何もしなくなることに

気が付きました。

 

気が付いたことを片っ端から書き留める方式が

自分には合っているのだと思います。

 

その代わり、見直す時間を必ず作り、思考の整理時間を

設けないと、メモが無駄になります。ここを気を付けて

継続していく予定です。

新型コロナウイルスの症状メモ。

<発症から>

呼吸困難:5日後

入院:7日後

急性呼吸窮迫症候群(ARDS):8日後

 

<発症時の症状>

発熱

倦怠感

筋肉痛

息苦しさ

咽頭

 

<高死亡リスク>

リンパ球減少

白血球、好中球数増加

高Dダイマ

尿素窒素、クレアチニン

腎臓機能障害

 

 

 

 

武漢現地の情報を得るにはTwitterがいいらしい。

 新型コロナウイルスの情報について。

色々な情報が錯綜していますが、現地のレがポートとして

Youtubeの動画を注視していましたが、Twitter

いいのかもしれません。現在、中国国内から動画を

アップするのは極めて困難な状況になっている模様。

うまく外国資本のSNSに動画がアップされれば、

拡散されて、当局に消される心配はないと思われます。

中でもTwitterがどうやらいいみたいですね。

たくさんの新しい動画が続々とアップされています。

 

中にはフェイクも混じっている可能性もあります。

本当の情報を見極めて正しく判断したいもんですね。

 

世界の人々はただ真実を知りたいだけ。

 

陳秋実さん消息不明。

武漢から現地をレポートしていた陳秋実さんの消息が途絶えた。

彼は真実を伝えるため、武漢入り。

その後、現地からYoutubeに画像をアップしていた。

しかし2月6日以降、消息が分からなくなり、

彼の母親がYoutubeに彼を探してほしいと動画をアップしている。

ちょっと気になったので、ブログに書いてみた。

 

新型コロナウイルスの情報が錯綜している中、

正しい情報を共有していかないといけない。

 

現地の情報が乏しい中、彼の動画はリアルな現状を知る貴重な

情報であったと思う。しかしながら、当局に「隔離」という

名目で拘束された可能性が高いと思われる。

 

今後の情報を注視していきたい。

 

 

PC+iPad=最強。

先日購入したHP SPECTRE X360 13 (2018)と

iPad 12.9 inchを使って仕事をしてみた。

 

結論から言うと最強。

これまでデータの電子化・一元化に取り組んできた。

Onenoteをプラットフォームとして自分のログを構築してきた。

 

iPad導入によって手書きメモを快適にすることができた。

しかし、iPadだけではやはり効率が悪い。

以下に問題点を挙げる。

 

・テキストを書くにはやはりPC

iPad版のOnenoteでは用紙サイズを変更できない

・PCから写真を挿入するとカクカク動き動作が重い

iPadマルチタスクが苦手

・仕事用アプリはWindowsが基本

 

これらが不満点だった。

電子ファイルのみでは視認性が悪いので、

最終的に紙にプリントアウトしてINDEX的なものを

作成しようと考えていた。

 

これらを扱うにはPC+iPadが最強です。

Windows版Onenote2016だけ用紙サイズ

の変更が可能です。

 

これらができることでA4サイズのINDEXを

作成可能になります。

 

もうあとはファイルをOnenoteにすべて張り付けていくだけ。

そこにテキストメモを書いておけば必要なデータは秒で

見つけることが可能となります。

 

データを整理することが、時間短縮の第一歩。

PC内にいくつもフォルダ分けしてファイル名だけで

管理するよりもずっと効率的にデータを管理できます。

 

しばらくこの環境で運用していきたいと思います。

 

iPadはPCのセカンドディスプレイとしても使えるんですよねー

やはり最強コンビ。

 

iPhoneで音楽を聴きながら、PCとiPadで作業。

なんと快適なことか。幸せ。

プログラミングやってみたい。

長年、プログラミングなるものをやってみたい

と思っていて、手を付けていなかった。

やるならPythonを覚えようと思い、PCにPyCharmという

ソフトを導入してみた。

インストールまではいつも通りの作業でなんとかなった。

けど、ソフトの使い方は自分ではどうにもならず、

Python入門、とか、PyCharm使い方、とかググって

使い方を勉強中。

Print('Helloworld')までは行きついた。

最新版のPyCharmにはPCに新しいVer.のPython

インストールしておかないといけないらしく、

新しいVer.をHP(https://www.python.org/

からDownloadしてPCに導入。

PyCharmのInterpriterに新しいVer.のPythonを追加して

ようやくプログラミングの環境が整いましたとさ。

新しいPCを買った。

ついに新しいPCを買いました。

ここ7~8年はマックのお世話になっていましたが、

仕事で使うPCはどうしてもWindowsでないと不便なので、

久々にWindows機を購入。

購入までには長い道のりが。。。

 

まず、先立つもの。これはないけどある程度の出費は

先行投資ということで。

次にスペック。

・主にOfficeと仕事に使うグラフ作成アプリなどが動けばOK。

 CPU:core i7  メモリ:16 GB SSD: 512 GBと少し欲張り。

・移動時間に仕事をするにはバッテリーの持ちがいいこと。

・タッチ操作、ペンが使えればなおよし。

・持ち運びを考えるなら13インチでできるだけ軽量

・充電ポートはUSB Type-C(最悪海外でも電源ケーブル入手可能)

・できれば見た目もいいもの

選ぶ際にこだわったのはこれくらい。かなり欲張りスペック。

これでは軽く15~20万円はすると思いながら検索していくと、

前モデルの週末セールなるものを発見。お値段12万。

買います、ポチッと。

ということで買ったのは、HP Spectre X360 13inch(2018モデル)。

これがすごくいいんです。

パワーもバッテリーの持ちも申し分なし。

もはや1日充電しなくても使えるレベル。

バッテリーは10時間くらいは持ちます。

これで一気に仕事やる気モード。

そしてブログも更新する気になったわけです。

これからしばらくこいつとお付き合いしていこうと思います。

iPadとの共存はどうしようかな。。。

贅沢な悩みをしながら使いこなしていこうかと。